彼が誰なのか、どこで幸せを見つけたのか、そしてそれをどこにどのようにして運んでいくのか ― 私たちの新しいExecutive Vice Pleasident for Global Happiness (グローバルハピネス執行副社長) であるAllan Dransfield(アラン・ドランスフィルド)が、以下のインタビューで語ります。

あなたが誰であるのか、そしてなぜここにいるのかをお話しいただけますか?

私はアランと言います。イギリス人で口ひげを蓄えていて、いつでも水鉄砲を手元に置いています。人が人生と呼ぶバッファローに乗りながら世界を駆け巡り、そこから見える眺めを楽しみ、ワイルドなロデオに参加し、時には牧草を食むために休憩を取ります。その後、私の天然肥料をそれが必要とされる至る所に撒きます…外は相当にドライになるかもしれません。
(これはもちろん比喩で、実際にバッファローに乗ったことは一度もありません。)

あなたにとって「幸せ」とは何ですか?
幸せであることは、人生におけるシンプルな物事を楽しむことです!「幸せ」は誰もが理解できる普遍的な言葉です。しかし、私たちは幸せがすぐ目の前にあるにも関わらず、それに気づかないことが時々あります。

あなた自身を幸せであると表現したいですか? 
LSD トリップしているドナルド・マクドナルドを想像してみてください。

あなたの友人や家族にも同じように答えますか? 
いや!そうですね…しないかもしれません。

いつ、どのようにして初めて他人を意識的に幸せにしましたか?
…何も思いつきません。もしかしたら、初めて彼女にキスした時かもしれません。その時私は6歳でした。

«すべての持ち物をイタリアのフリーマーケットで売り払い、それ以来口ひげを蓄えた亀のように世界中を移動しています。それは2013年ごろでした。»

何があなたを幸せにしますか?あなたが最も幸せなのはいつですか?もしくは、あなたはいつから幸せですか?
私は以前は比較的普通なタイプでした。良い仕事とそれに伴うもろもろ。けれど、その後に私はそのような生活に別れを告げることに決めました。すべての持ち物をイタリアのフリーマーケットで売り払い、それ以来口ひげを蓄えた亀のように世界中を移動しています。それは2013年ごろでした。
旅先で出会った人々は私にインスピレーションを与え、非常に多くのことを教えてくれました。私は初めて心からリラックスし、単純に落ち着きを得ることができました。それは、私が自分自身と私の周りにある世界を再発見したのだ、と言えるかもしれません。まったく予想せずに、私は今この瞬間を生きることを学んだのです。今日に至るまで、私が最も幸せであるのは今この場所です。そして、自然がいつもそれを私に思い出させてくれます。
ハンモックで揺れるのも、とても気持ちがいいですね。
 

«解き放つ、もっとのんびりする、深呼吸する、ジャンプ!、おはよう、冷たく心地の良い水浴、スパゲッティ、今、耳を傾ける、結び合わせる、微笑む!»

EVPとしてのあなたの役割についてどのように理解しているのか、もう少し説明していただけますか?
もちろん。来年は発見の旅になります。そして、私たちは共に力を合わせて働きます。「私たち」というのは、私が幸せを探す途中で出会うほとんどすべての人のことを指します。私はこの普遍的な言葉についてもっと知り、それを多感覚的に翻訳したいと思っています。それから、私の発見を小さなシダの苗木のように世界中に分け与えます。私たちは仲間になります。幸せなシダの仲間です。そして、誰もがそのメンバーになることができます。
幸せは多くの場合すぐ近くにありますが、私たちは見えない殻に閉じこめられているため、それを見ることができません。私たちはみな恐ろしいほどに忙しくて、すべてを曖昧にしか感じ取っていません。私たちはこの見えない殻を探し出し、必ずそれを取り除きます。実際のところ、そのために言葉は必要ありません。しかし、印象を伝えるために、いくつかの「文字の羅列」をご紹介します: 解き放つ、もっとのんびりする、深呼吸する、ジャンプ!、おはよう、冷たく心地の良い水浴、スパゲッティ、今、耳を傾ける、結び合わせる、微笑む!

ジャンプのアイデアはどのように生まれたのですか?この物語はいつから始まりますか?
私は「ジャンプする」という表現が好きです。実際のところ、それは次のように起こりました。 
2007年、私と仲間のベンは初めてシゲト・フェスティバルにいました。私たちはクレイジーな音楽好きのコミュニティーとともに、ブダペストの中心にある小さな島で一週間を過ごしました。そして、北イタリアのホームタウンへ戻ると、私はショックを受けました。人々はバスの中で話しかけても反応せず、道端で挨拶をすれば怪訝な目で眺められるのです。そして、私は公共の場で人々と関係を持つための方法を探し始めました。私は、人々の疲れた顔に微笑みを生み出したかったのです。そのために、友人に質問をしました。 
「アレックス、僕が向こう側にいるカップルにジャンプしてくれとお願いしたら、彼らはそれを実行すると思う?」 
途中を端折って言うと、そのカップルは実際にジャンプしてくれました。それがすべての始まりでした。そのカップルがジャンプし、その10年後に私は世界中でジャンプする人々を数百枚の写真に収めました。
時とともに、そこには実際の行動以上の意味があることを、私ははっきりと認識しました。ジャンプは互いに関係を持つための1つの方法なのです。信頼を示し、それを解き放つ。この解放の瞬間を留めることは、何か非常に象徴的なものを含んでます。 

ありがとうございました!そして、幸運をお祈りします!

More Stories